48グループを応援されているあなたへ…

 
 
 
 
AKB48グループは素晴らしい発展を遂げました。

私自身も数年間でしたが、彼女たちとその壮大なプロジェクトを一生懸命追いかけていたことがありました。

劇場公演、全国握手会、個別握手会、コンサートなどにも行きました。

秋葉原だけでなく、栄にも一生懸命通っていたことがあります。

私は劇場公演が大好きでした。

握手会も好きでした。

 
 
秋葉原も栄も大人気になり、滅多なことでは公演を劇場で見ることが出来なくなりました。

一方で握手会は沢山ありました。

2週間に1度くらいのペースでやってくる握手会に始発から出かけて推しメンに会いに行く。

それでも人気メンには長蛇の列でなかなか会えません。

次々と新しく入ってくる研究生。

そして、次々と卒業して行くメンバー。

チームシャッフルに、人事異動。

そして、選抜総選挙。
 

 
確かに楽しもうと思えば楽しめますが、イベントに追われ、とりあえず顔認知されるのがやっと。

大きなステージで見る推しメンは小さく、距離を感じる日々…

それが普通のファンもいるかも知れませんが、昔の手の届くところにメンバーがいた時代を知っている人はこう思っているのではないでしょうか?

「何か違う…」

 
 
しかし、それでも推しメンには頑張れば何とか会いに行ける状況。

メンバーとの距離は縮まらず、それでも費用はかかる。

そんな現状に「何かおかしい…」と思っている方は、活動するフィールドを変えてみてはいかがでしょうか?

「今更他には行けないし、行けるならとっくに行ってるよ」

そんな嘆きが聞こえてきますが、全然大丈夫です。

とりあえず一度だけで良いので、つりビットという5人組のアイドルを現場で見ていただきたいのです。
 

 
そこには、今はもうAKB48グループにはない、初々しさと、一生懸命さと、近さがあります。

そんなに頑張らなくても最前か2列目あたりでパフォーマンスが見られます。

パフォーマンスはきちんとしています。

凄く踊れる子もいれば、一生懸命踊っている子もいれば、ビジュアルがメインの子もいます。

AKB48の楽曲が好きだという方も安心して下さい。

楽曲は最高!神曲のオンパレードです。

そして、現場の雰囲気は最高です。
 

 
そこに馴染むかどうか、好みかどうかは来てみないとわかりません。

でも、恐らく来て見て損はしないと思います。

パフォーマンスをする彼女たちを間近で見て、もし良ければ握手会にも参加して、「この子だったら応援できるかも知れないと」思ったら、もう少し前に進んでみれば良いだけです。

ここは違うなと思ったら、またいつもの48グループの現場に戻れば良いだけです。

難しく考えることはありません。

このサイトがあなたを応援、サポートします。

 
 
48グループの決まりと何が違っていて、何が同じなのか。

どんなところがやりやすくて、どんなところがやりにくいのか。

当サイトでは実際に48グループとつりビットの両方の現場を体験した管理人が、48グループ経験者視点でつりビットを語り、紹介します。